読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政策研究ネットワーク山形(ブログ版)

組織の垣根や立場の違いを乗り越え、山形の人と知をつなぐ

北川忠明代表『地方都市の持続可能な発展を目指して』(共編著)刊行

会員研究

地方都市の持続可能な発展を目指して

北川忠明代表が、山田浩久・山形大学人文学部教授との編著『地方都市の持続可能な発展を目指して』を刊行されました。

本書は、長井市民と市役所職員の人材育成を目的に行われた「ながい市民未来塾」をベースに、その中での授業や現地視察などの内容をテーマに即して編集されています。

地方都市の持続的発展に関心を持つ、自治体職員・NPO・市民に贈る一冊です。

 【目次】

第1章 「地域政策としての総合計画」山田浩久
第2章 「経済学的な視点で考える」是川晴彦
第3章 「ローカリズムとコミュニティガバナンス」 北川忠明
第4章 「長井市の地域構成」山田浩久
第5章 「中心市街地活性化の実践」下平裕之
第6章 「町づくりの実践」村松 真