読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政策研究ネットワーク山形(ブログ版)

組織の垣根や立場の違いを乗り越え、山形の人と知をつなぐ

「『市民のための市政』を梅津庸成氏と語る会」を開催します

政策研究ネットワーク山形の有志により、下記会合を開催します。

  • テーマ: 「市民のための市政」を梅津庸成氏と語る
  • 日 時: 8月26日 午後6:30〜7:30
  • 場 所: 「学び館」第2交流室(山形市本町1-5-19)

開催趣旨(石川敬義事務局長)

梅津庸成(山形市長選挙立候補予定者)

梅津庸成氏(山形市長選挙立候補予定者)は「市民のための市政」を掲げ、中央政府トップダウンではなく「自分たちのまちは自分たちで創る」というボトムアップの真の住民自治、市民本位、市民起点のまちづくりを訴えております。

住民自治は市民一人ひとりの意識と同時に自治組織の原点である町内会や振興会の自治意識が重要になります。ところが山形市の現状はとても理想的な状態とは言えません。

当政策研はかねてコミュニティや住民自治の在り方について調査研究してきました。そこで、問題意識を候補者と共有したいと思い懇談会開催を梅津氏に打診したところご出席を快諾して頂きましたので、特別例会を開催致します。

出席の方は、石川まで連絡願います。非会員で参加を希望される方は、ブログ右上のメーリングリストに登録してください(追って会員登録をしていただきます)。会場のスペースの都合で先着順に受け付けます。

次第

1. 発起人挨拶(石川事務局長)

2. 意見発表

(1) 真の住民自治とは(石川敬義会員)

(2) 町内会の現状と課題(小野仁会員)

(3) 仙台市山形市とを比べて(玉津菊子会員)

(4) 市民活動の視点から(齋藤和人会員)

3. 梅津氏と意見交換

※「学び館」(旧第一小学校跡、山形市本町1-5-19、℡623-2285)。駐車場は旧第1 小学校の西側の北から南へ向かう一方通行道路を挟み西側に無料で駐車可。駐車場の受け付けは無くなりました)

※例会は意見発表者を含め出席者全員から一人¥500の参加料を頂戴する規則になっております。よろしくご協力をお願いします。但し、ゲストはこの限りにあらず。

参考リンク

www.umetsuyosei.jp

twitter.com